審美歯科・矯正歯科・インプラントのウメダデンタルクリニック

クレジットカード、デンタルローンで
お支払いいただけます。さらに10年保証

クレジットカード、デンタルローンでお支払いいただけます

06-6364-4698

治療例

  1. ホーム
  2. すきっ歯・正中離開・空隙歯列
  3. 差し歯(オールセラミッククラウン)・ラミネートの症例

差し歯・ラミネートでの症例

すきっ歯(正中離開、空隙歯列)

すきっ歯をラミネートべニア・差し歯で治療した症例

歯の隙間が2mm以内であれば、ラミネートべニア法で最短2日で治療可能です。 ラミネートベニア法とは、歯の表面を0.5㎜程度薄く削り、表面にセラミックを接着する方法で、痛みもなく麻酔を必要としません。

また、2mm以上の場合は、全体的に削った歯にセラミックのクラウンを被せるセラミックスクラウン法(差し歯)方法がおすすめです。
どちらもも歯並びだけでなく歯の色、形をトータルに改善することができ、審美的効果が高いのが特徴です。

ケース1 ラミネートベニア・クラウンで治療 

ラミネートベニアで隙間を、クラウンで歯の形を治療しました。

ケース2 ラミネートベニアで治療

前歯2本の隙間をラミネートベニア2本で治療しました。短期間で見た目の改善に。

ケース3 オールセラミッククラウンで治療

すきっ歯と前突にお悩みでしたがオールセラミッククラウンで治療することで歯の形と隙間が解消され、全体的なバランスが良くなりました。

ケース4 オールセラミッククラウンで治療

前歯左1番と右1番のすきっ歯、左2番の形と大きさ(矮小歯)、左3番のねじれの治療をされました。右2番の矮小歯は下の歯より内側に入っている反対咬合の状態で正常な位置にする必要があるため、抜歯しました。他3本は削り、前歯4本にオールセラミッククラウンをかぶせました。治療後は、隙間・歯のサイズ・歯の位置と気になっていた部分が正しい状態に修復されまた。

ケース5 ラミネートべニアで治療

すきっ歯をラミネートベニアで治療しました。たった2回の通院ですきっ歯を治すことができるラミネートベニア法は確立された治療法です。神経をとることもありませんし、治療に痛みはなく麻酔も必要ありません。

ケース6 ラミネートべニアで治療

スキっ歯をラミネートベニアで治療しました。隙間が広めの幅でしたが、患者様と相談の上ラミネートベニアを選択いたしました。ラミネートベニアの色は、他の歯と違和感がでないようつくられます。

ケース7 ラミネートべニアで治療

すきっ歯をラミネートベニアで治療しました。ラミネートベニアで治療するメリットはいろいろあります。このケースのように、隙間だけでなく歯の色も一度で治すことができます。前歯に隙間とホワイトスポットがみられましたが、ラミネートベニアできれいな見た目になりました。

ケース8 ラミネートべニアで治療

すきっ歯の症例で最も多いのが、上の前歯の中心に2ミリ程度の隙間がある「正中離開」というケースです。このケースも、ラミネートべニアで治療いたしました。隣の天然の歯と違和感なく仕上げることができます。

ケース9 ラミネートベニア・セラミッククラウンで治療

前歯の隙間、特に上前歯の右2番と左2番の歯の形が小さい状態(矮小歯)であったため隙間が目立つ状態でした。矮小歯等の歯の大きさ・形を他の歯と合わせるにはセラミッククラウンを使います。 右2番左2番をセラミッククラウン(ジルコニア)、また真ん中の上前歯2本はラミネートベニアで隙間をなくしました。

ケース10 ラミネートベニアで治療

前歯の上下どちらも全体的に空間が空いている空隙歯列という状態の患者様でした。 上前歯2本と、下前歯4本をラミネートベニアにしました。隙間をなくすことで印象が全然違います。

ケース11 ラミネートベニアで治療

生まれつき歯が小さい「矮小歯」というケースで、歯に隙間ができている例です。矮小歯2本にラミネートをかぶせて自然な歯並びにいたしました。

ケース12 ラミネートベニアで治療

前歯のすき間をラミネートベニアで治療しました。

ケース13 オールセラミックで治療

ラミネートべニアではなくオールセラミックで治療した例です。すきっ歯の治療以外にも「歯の形を変えたい」といのご希望でした。歯の大きさ、色、形を変えたいという場合は、オールセラミックで修正することができます。このケースでは、はぐきと歯の境目の部分を『ガムシェイプトリートメント』という施術で、丸みのあるきれいなラインにしています。 このように四角かった前歯を丸みのある前歯にしました。

ケース14 ラミネートベニアで治療

ラ前歯の真ん中が数ミリ空いている正中離開のケースです。ラミネートベニア治療なら数日で治療可能です。

無料カウンセリング

無料メール相談

アクセス地図

Twitter

院長ブログ

無料カウンセリング

電話予約

ページトップへ