笑顔に自信がよみがえる

トップ > 笑顔に自信がよみがえる > 好感の持たれるスマイルラインとは

好感の持たれるスマイルラインとは

好感の持たれるスマイルラインとは

日本の女性はほんとうにきれいになったといわれています。
サラサラとした艶やかな髪をなびかせる若い女性たち。 身にまとったその洋服も、最新のファッション情報が取り入れられ。ピタッと決まっています。メイクアップのテクニックも向上して、自らを美しくみせる演出や技法は、ここ数年格段と進歩しているようです。 どうすれば、うまく自分を表現できるのか。日本の女性のだれもが、そのために最善の努力をしています。素肌を手入れするエステティックサロンが盛んなのも、そうしたニーズを反映しているのでしょう。

ところが、残念なことに、すました表情はとてもチャーミングで素敵なのに、ニッコリと微笑んだ瞬間、そこから覗く歯にガックリということがよくあります。歯並びが悪かったり前歯が変色していたりして、せっかくの魅力が台無しになってしまうというパターンです。そんなとき、私は、「日本では口もと、とくに歯に対する関心がまだまだ遅れている」ということを実感します。
髪や素肌を整え、女性らしさを表現しようとすれば、歯もきれいにしなければなりません。そうでなければ、ほんとうにきれいになったとはいえないのです。 なぜなら、女性らしい美しい微笑みをつくるには、白い歯、きれいな歯並びは不可欠の条件だからです。

口もとがあなたの表情を一変します。

歯にコンプレックスを持っている方は少なくありません。例えば、歯の色がそうです。
生まれつき黄色っぽい歯であるとか、グレーぽい歯であるとか、黒ずんだ歯に悩んでいる人がいます。
こうした歯の色はいくら磨いても落ちません
。抗生物質の影響などで、歯の中から黄色ぽかったり、黒くなっているわけですから、歯の表面をいくら歯ブラシで磨いても落ちないのです。すると、歯の色が気になって、人前で笑えない。口を開けて笑えなくなります。
歯を見せられないわけです。人前で笑えない、そうした気持ちの落ち込みは、心理的にも悪い影響を与えますから、暗い感じを他人に与えたり、精神的なコンプレックスとなって性格にも悪い影響をおよぼすことになります。ですから、「たかが歯の色ぐらいで・・・」とは言えなくなってきます。

特に仕事柄、人前で笑顔を見せなければならない人にとって、歯は大事な要素です。当院にも、モデルやリポーターの仕事をされている方、それに音楽関係の人、歌手やピアニストといった方が来られます。人に見られる商売である以上、容姿も含め、自分の歯の色や歯並びが気になるということでしょう。 口紅を塗っただけで、あなたの印象が変わってしまうように、口もとはあなたの表情を自由自在に変えてしまいます。 口紅一つで顔全体の印象が変わるのですから、歯を白く美しく整えることは、それ以上に、あなたの表情をドラマティックに変化させます。

●好感の持たれるスマイルラインとは


ページTOPへ

10)歯茎はピンク色で、赤く腫れたり、黒く沈着していませんか?

11)

ページTOPへ

●12)口臭が気になりませんか?

口臭の原因はさまざまですが、中でも多いのが、口腔内に磨き残しがある場合でしょう。食べ物のカスが付着していたり、歯垢(プラーク)
があって細菌が繁殖しているために口臭が起こるのです。口の中に残った食べカスは誰の口にもある常在菌によって歯垢になるまでには
12−24時間かかると言われています。ですから、ブラッシングが完璧で食べ物のカスを完全に除去していれば、一日1回のブラッシングでも充分だという理屈になります。
ところが、磨き方にそれぞれクセがあったり、磨いているつもりでも歯ブラシの毛先が届いていなかったりで、完全に汚れを落とすことができません。
1回のブラッシングではどうしても磨き残しがでてしまうのです。そこで、毎食後、あるいは人によっては4−5回ブラッシングをすることで、磨き残しを少なくしようとします。最も効果的なのは、食後30分以内にブラッシングすることですが、歯磨きの励行が盛んにいわれるのも、何はともあれ、虫歯や口臭の原因をなる磨き残しの防御が目的です。人によって、口の大きさ、歯並び、口腔内の汚れかたは違いますから、その人にあった磨き方をいうものがあります。歯ブラシの選び方からブラッシングの方法まで、歯医者さんに指導してもらうのも一つの方法です。

ページTOPへ

●虫歯や歯槽膿漏のチェックも

ブラッシングの指導で歯医者さんに行かれたら、是非虫歯の有無だけでなく、ブリッジや充填物、金属冠、義歯など
がきちんと、入っているかどうかもチェックしてもらいましょう。
また、親知らずが曲がって生えていたり、口内炎ができている場合も、口臭が起こることがあります。
普段ブラッシングをしているつもりでも、気づかないうちに歯石がたまり、これが歯肉を刺激して、
歯肉炎を起こしている場合があります。歯ぐきが腫れぼったい、歯ぐきから血が出るといった症状があれば要注意です。
歯肉炎は放っておくと歯槽膿漏へと進みます。
歯槽膿漏というのは、文字通り、歯肉に膿がたまる病気ですから、ひどくなるとイヤな臭いを発します。
一種の成人病といわれていますが、最近では10代、20代の若者にも歯槽膿漏がみられるといわれますから、若い人でも油断はできません。この他、口臭の原因としては、
舌に生える舌苔(ぜったい)ができてしまった場合、
それと心因性のものも少なくないといいます。つまり、実際はそれほど口臭がないのに、
「自分の口はいつも臭いのでは・・・」と思いこんでしまう人も結構多いのです。
当院でも口臭のみで来院する方は全体の5パーセントでそれほと多くはありません。しかし、デンタルエステ(審美歯科)で口内炎を清潔にしますから、必然的に口臭はなくなっていきます。

ページTOPへ

●エステティックラインで判断する美的バランス

13)鼻の先端と下顎の先端を結ぶ線(エステティックライン)よりも、口唇がでていませんか?
口もとの美的なバランスを判断するラインとして利用されているのが、鼻と顎を結んだ線、エステティックラインです。
この線で、唇の位置のバランスが分析できます。但し、骨格の違いなどから、日本人と欧米人を一概には比較できません。日本人の場合は、下唇がエステティックラインの前後にあって、上唇が下唇より少し後ろにあるのが望ましいとされています。鼻と鼻の下につくる角度は90度から110度ぐらいがいいと言われています。

 
ページTOPへ
差し歯・ホワイトニング・歯列矯正・歯のお悩み、お気軽にお問合せください。

歯列矯正・歯並びのお悩み、お気軽にお問合せください。

WEBからの相談・予約はこちら
  • 無料カウンセリング
  • 無料メール相談

ページトップへ

copyright(C) Umeda Dental Clinic All rights reserved.